ヒメシジミのいろいろ詩日記

詩人松尾真由美の詩作品のみのブログ。蝶のようにひらひらと詩のことばを綴っていきたい……

詩【色の気配と風景と】

濃密な
光沢すら
ながれゆく風であって
留まらないものの行方を
窓の角度が
指し示す
雪と空
または雲に
夜明けのような虚構の陰影
あざやかに浮き上がり
どこかしら
倒立している
あの位置
そして
この窪み
見定めてはいないけれど
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest